更新 2014.1.27

写真はクリックし拡大してご覧ください。
連続して見るには、左上の「戻る」ボタンをクリックしてください。


127
古い写真を探し歩いた24年間の集大成「写真が語る沿線」、2013年1月12日Web連載開始



ロゴデザイン/配野美矢子さん
書き文字/書家・新舟律子さん
 
 東京・川崎・横浜のこの広い沿線で、だれがどんな昔の写真を持っているか、皆目見当がつきません。「とうよこ沿線」創刊号から「アルバム拝借」なる連載を企画し、読者が興味を抱きそうな古写真を求めて一軒一軒訪ね歩きました。しかし現実は、面識もない男が突然、他人のお宅を訪ねてもほとんどが「そんな写真はありません!」の玄関払いでした。

 そんな厳しい地道な活動を続けること2〜3年、沿線雑誌『とうよこ沿線』が沿線の皆様に徐々に知られるようになり、協力者が現れ、ようやく居間に上げていただきアルバムを拝見できるようになりました。こうして20年間、連載「アルバム拝借」は続きました。
 
 その後、4年間は「激動の20世紀を残す写真集『わが町の昔と今』シリーズ」発行のため東横沿線外の川崎市内の南武線沿線、横浜市内の都筑区・青葉区・緑区・鶴見区などの地域を古写真を探し歩き、各編をまとめてきました。
 こうして24年間集めた写真をより多くの人々に見てもらいたい、そして身近な地域の歴史の一端を知っていただきたいと、「ホームページ」の連載を思い立ったのでした。

 第1編「港北区編」最初の写真

 


昭和3年(1928)、造成が完成した現在の日吉駅前


平成5年(1993)、写真左と同方向の風景



128
雑誌『TO』に人物紹介記事(紙数6ページ)に登場




 雑誌『TO』編集長の川田洋平さんが上記当サイトを読んで私のことを取材したい旨の電話がありました。その後、彼が4〜5回訪ねてきて雑談しているうちに脇にいたカメラマンが勝手にパチパチ撮って、刷り上がったのがこれでした。



2013年10月10日発行
B5版 143ページ
定価1000円+税



見開き24ページ〜25ページ

★左右の誌面と下段の5〜6行の文章、欠けています。


見開き26ページ〜27ページ

★左右の誌面と下段の5〜6行の文章、欠けています。


見開き28ページ〜29ページ

★左右の誌面と下段の5〜6行の文章、欠けています。


129
 木花と野草の画像が「港北ふるさとテレビ局」により短編ビデオ3編に




 平成25年(2013)12月19日、港北ふるさとテレビ局(代表・伊藤幸晴さん)制作 
  第1編「庭先の小さな秋の実り」   http://youtu.be/o1mNyb5tZZs 

  第2編「庭先の小さな秋の実り」   http://youtu.be/PfoVZawL1P0

 平成25年(2013)12月25日、同局制作
  第3編「野花の華やぎ」        http://youtu.be/8y4r9_BNkDA 

  どうぞURLをクリックしてご覧ください。

 このビデオは、横浜市港北区役所2階の戸籍課にあるサイネージのテレビ画面でも観ることができます。また、港北区内の城南信用金庫の日吉下田・綱島・新横浜・小机の各支店でも放送中です。

城南信用金庫綱島支店窓口のロビーで放送中のビデオです。
  撮影:石川佐智子さん

  

130
 2014年高田中央病院のカレンダー
            「白い雲がたなびく地、New Zealand & Sydeney の旅」編集




 今回のカレンダーは、荏原光夫院長と荏原寿枝副院長ご夫妻が年末年始を南国のオーストラリア、ニュージーランドへ旅されたときの写真。ニュージーランドでは各地の名所回り、ヘリコプターでマウントクック山頂まで行ったりしての空撮、船で海上から島々を撮影と、お二人が“陸海空”からそれぞれのカメラでシャッターを切りました。
 写真枚数は、膨大な量です。その中から12カ月、12枚を選ぶのはタイヘン難儀しました。



2014年カレンダー表紙


日向ぼっこするアザラシ


131
「写真が語る沿線」255編、3375枚の写真をCD版全10巻に編集





  「「家族や仲間とみんなで観たい」、「学校で社会科教材にしたい」のご要望にこたえ、CD版にしました!

  

全10巻は以下のとおりです。各巻とも1枚4000円で頒布中。ご希望者は下記へメールでお申し込みください。


港北区編(港北区全域)

都筑区編(都筑区全域)

青葉区編(青葉区全域

緑区編(緑区全域)

鶴見区編(鶴見区全域)
神奈川区編(神奈川区全域)横浜・関内編

◆川崎中部編
(中原区全域・幸区・高津区の一部)

目黒区編(目黒区全域)

世田谷・玉川地区編大田区北西部編

渋谷・代官山編品川・武蔵小山編

   ★カッコ内は取材・掲載地域。詳しくは朝日新聞神奈川県版をご覧ください。



連絡先:「とうよこ沿線」HP 岩田忠利 e-mail: ensen@cameo.plala.or.jp  .045-561-1000

  
 目次に戻る
次ページへ